乃木神社乃木神社

安全にお参りをいただくために

神道では、お祭りの前に必ず「手水」をとり、手と口を清めます。
古くから日本人はこのように、手を清め口を清め、場を整え、衣服をあらためて神事を行ってきました。今回の新型コロナウイルスの感染症対策のひとつとしてもこの「手洗い」はとても重要とされています。
神事とわたしたちのくらしは、それほど解離したものではなく、清らかで清々しい毎日を送ることを目指しています。この清浄であることをもう少し掘り下げ、いま求められている「新しい生活様式」に添うかたちで、乃木神社にお越しになる皆さんと職員の安全のため、感染拡大防止対策を強化して参ります。

衛生管理について

職員の体温測定を毎日実施しています。
発熱があった際は、出社を停止し政府の定めるガイドラインに沿って対応いたします。

参拝の皆様の安全及び公衆衛生を考慮し、職員は神事中の一部を除きマスクを常時着用しています。

不特定多数の方が触れる可能性のある箇所(ドアノブ、手すり、おみくじなど)は、アルコール消毒を定期的におこなっています。

挙式について

結婚式を行うご本殿は半屋外です。
参列されるご親族やご友人の皆様のお席も十分に間隔をとって設置致します。

式中の流れをご案内する司会はマスクを着用した神職が少し離れた位置から行います。
他の奉仕をする神職や巫女は皆様の近くで発声する際は必ずマスクを着用します。

誓杯の儀に用いる盃などの祭具は使用前に十分に消毒をして、飛沫などがかからないように紙などで覆い、直前に封を解きます。

ご参列の皆様には控室・ロビーでの集合の際、人が密集しないようご案内しています。

挙式のための見学・打ち合わせについて

予約制とし、打ち合わせは十分に換気したスペースで間隔をとって行い、使用ごとに消毒を徹底し一組ずつ対応いたします。

打ち合わせの回数を出来るだけ少なくし、ご来社いただく回数を減らしております。

挙式時の席も通常より間隔をあけて配置しております。

ご参拝の際のお願い

境内の密接する場所ではマスクを着用の上、咳エチケット等の感染拡大防止にご協力をお願い致します。

参拝の際は密集せず1組ずつお願い致します(並ぶ際は2m以上間隔をお願いします)。

手水舎では、流水をご使用ください(柄杓は一時撤去しております)。

神符守札をお受けになる際は1組ずつ対応致します。密集せず2m以上間隔をあけてお待ちください。

朱印は、書置きの朱印をご用意しております(直接記帳を承ることは出来ません)。

外出をお控えの方のため、引き続き郵送での御祈願と、御守・御神札の郵送を承っております。

外出をお控えの方のため、
一時的に郵送での御祈願と、御守・御神札の郵送を承っております。

御祈願について

御祈願は一組ずつ奉仕し、儀式殿は常時窓を開けたままに致します。(予約制

御祈願のお時間まで境内の換気の良い場所でお待ちいただきます。