乃木神社トップページへ
もくじ
最新情報
由緒〜乃木神社の歴史〜
神苑図
御神徳
年間行事
社宝〜遺品・遺墨〜
人生儀礼・御祈願
崇敬会
青少年活動
書籍紹介
御祭神関連箇所
交通案内・地図
お問い合わせ
青少年育成活動


少年剣道教室(尚武館道場)

乃木神社尚武館道場は昭和59年に御鎮座60年記念事業の一環として創設されました。
御祭神は若かりし頃より剣術を学び、一刀流の目録を伝授されています。また学習院長時代には自ら防具を着け、生徒に稽古をつけることが楽しみだったといいます。
当道場では、乃木精神を継承し明日の日本を担っていく真の日本人を育成するために、剣道を通して人間形成を行っています。

対 象 小学1年生から中学生まで(それ以上の初心者の方ご相談下さい)
稽古日  原則毎週月曜日、木曜日(祝日、学校休業日を除く)
初心者 午後5時〜6時
上級者 午後6時〜7時

随時新入門生を受け付けています。見学も自由、歓迎します。
お問い合わせは乃木神社 井戸・出村まで


20周年記念式典(平成16年4月)

夏期合宿の一場面


ボーイスカウト


前列右より乃木大将、キッチナー元帥、東郷大将、ベーデン・パウエル中将(ボーイスカウト運動の創設者)
日英同盟締結以後、英国から情報が多くもたらされるようになった日本に、発祥したばかりのボーイスカウト運動が紹介されたのは明治41(1908)年のことです。
乃木将軍は、同40年1月31日から殉死される大正元(1912)年9月13日まで学習院長(第10代)を務め、「質実剛健」をモットーとした青少年教育に打ち込まれましたが、いち早くボーイスカウト運動の情報を得て関心を持たれ、明治43(1910)年、英国王ジョージ5世の戴冠式に明治天皇の名代として参列される東伏見宮依仁親王・同妃両殿下に東郷大将等と共に随行し、キッチナー元帥の紹介でロンドンのボーイスカウトの集会を視察されました。
帰国した乃木将軍は、学生・教員を前にボーイスカウト訓練について感激を以て講演し、その年の夏の神奈川県・片瀬遊泳では、ボーイスカウト式のキャンプを行っています。

この御遺志を継ぎ、当神社では昭和38年にボーイスカウトの団を創設、赤坂・青山地域において青少年の育成に努めてまいりましたが、平成13年4月に設立された東京連盟港第18団(www.minato18.net)へ合同して発展的に解消し、より地域性を深めた港第18団の育成会員の一員として現在に至っております。

港18団の事務所は、発団以来、当神社社務所内に設置されており、財団法人ボーイスカウト日本連盟の研修を修了した指導者が常勤していますので、お気軽にお問合せください。
このページの先頭へ
サイトマップ個人情報についてHOME
Copyright (C) 2006 NOGI JINJYA. All Rights Reserved.  無断掲載・転載を禁じます。