乃木神社トップページへ
もくじ
最新情報
由緒〜乃木神社の歴史〜
神苑図
御神徳
年間行事
社宝〜遺品・遺墨〜
人生儀礼・御祈願
崇敬会
青少年活動
書籍紹介
御祭神関連箇所
交通案内・地図
お問い合わせ
人生儀礼・御祈願


乃木神社では皇室御安泰、家内安全、社運隆昌、車清祓などの願意(願い事)のほか、下記のような人生儀礼(通過儀礼)のご祈祷を承っております。
御祈願のお申し込み・個人 御祈願のお申し込み・法人団体
※お急ぎの方はお電話にて承ります

>>授与品についてはこちらからご覧いただけます。

安産祈願
赤ちゃんが無事健康で生まれますよう、妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日に安産を祈ります。
なお、当社では腹帯のご用意はございませんが、ご自身でご用意されたものがございましたらご持参下さい。ご神前でお祓い、御祈願申し上げます。
戌の日一覧表

命名奉告
生後7日目(お七夜)に名前をつけ、神様に奉告し、親戚や縁者一同にお披露目します。
ご希望により命名(名付け)を承ります。


初宮参り
一般に男児は生後32日目、女児は33日目に神社に参拝します。お子様の成長とご加護を祈ります。
※衣裳・記念写真がセットになったプランもございます。
詳しくはhttp://nogikaikan.jp/blocks/index/00138


七五三参り
神様のご加護により、7・5・3歳を迎えた子供の成長に感謝し、今後もいよいよ健やかに成長するように祈ります。
※衣裳・記念写真がセットになったプランもございます。
詳しくはhttp://nogikaikan.jp/blocks/index/00138



入学祈願
教育を受ける学校への入学・入園に際して、学業成就・心身の健全を祈ります。


十三参り
古来、関西を中心に行われ、神社にお参りして神様より知恵を授けて頂き、心身の健全を祈る風習です。13歳は干支が一巡することなどから、子供から大人になる節目であるとされています。
※衣裳・記念写真がセットになったプランもございます。
詳しくはhttp://nogikaikan.jp/blocks/index/00138



成人式
男女共、新成人として国家・社会に貢献することを奉告祈願します。
※衣裳・記念写真がセットになったプランもございます。
詳しくはhttp://nogikaikan.jp/blocks/index/00138



結婚式
縁あって結ばれた新郎新婦の新しい門出を祝います。御神前で厳粛に式を挙げ、夫婦が幾久しく誠実な家庭を築くことを誓います。
詳細は、乃木会館(TEL.03‐3402‐2181)で承っております。
乃木会館ホームページ


結婚記念奉告
夫婦が揃って円満に過ごしてこられた事を感謝し、更に有意義な人生をおくる決意を新たにします。(10年目の錫婚式、15年目の銅婚式、25年目の銀婚式、35年目の珊瑚婚式、50年目の金婚式など。)


厄祓
昔から、厄難の有り勝ちな年のことを、厄年として忌み慎んできました。厄年は一定の年令に達し社会的にも重要な役割を担う様になる頃で、心身の疲労・病気・災厄がおこりやすくなり、人生の転換期として注意すべき一つの節目として、自覚と慎みが必要な時期です。災厄に遭わないように心掛け、厄祓の祈願を行います。
厄年一覧表


年祝
長寿をお祈りするならわしです。
還暦(61歳)は干支が満六十年でもとに戻るので本卦還りともいいます。還暦まで厄年に当たります。

古稀(70歳)は「人生七十古稀なり」の話に基づきます。
喜寿(77歳)は喜を「」にあてたものです。
傘寿(80歳)は傘の略字「」からきています。
米寿(88歳)は米を八十八にあてたものです。
卒寿(90歳)卒の字の略字「卆」からきています。
白寿(99歳)は百から一をとると「白」になるからです。
年祝一覧表


その他、願意のお申し出に応じて元旦より毎日承ります。ご祈願により気力・生命力の回復を頂き、健やかに生業にご精励いただきますよう祈念いたします。

受付時間 午前9時〜午後5時
初穂料  初宮参り、七五三参り、
十三参り、成人奉告、
会社・団体の祈願
10,000円以上
その他諸祈願 7,000円以上
正式参拝 3,000円以上

ご衣裳、記念写真、ご会食も承ります(乃木会館)。詳しくはお問合せ下さい。
このページの先頭へ
授与品について
当社でお頒けしている代表的なお守りをご紹介します。

勝守■勝守(かちまもり)

御祭神が日清・日露両戦役などで数々の功績をあげられたことにちなみ、武道・スポーツ・試合などの勝負運向上のほか、自己に打ち克つことを祈願した御守です。御社紋に御祭神の遺墨からとった文字を使っています。
攘災開運守
■攘災開運守(じょうさいかいうんまもり)
昭和47年の当神社例祭前夜に落雷があり、約3メートルほどの樹片が回廊の屋根を飛び越えて何も破損することなく拝殿内に落下しました。銅葺きの御本殿に落雷が考えられるところをこの楠の木が身代わりになったと思われます。この御神木の生命力と攘災(災いを除ける)力とにあやかって、この雷神木による災禍除け・厄除け開運の御守です。

このページの先頭へ
サイトマップ個人情報についてHOME
Copyright (C) 2006 NOGI JINJYA. All Rights Reserved.  無断掲載・転載を禁じます。