乃木神社トップページへ
もくじ
最新情報
由緒〜乃木神社の歴史〜
神苑図
御神徳
年間行事
社宝〜遺品・遺墨〜
人生儀礼・御祈願
崇敬会
青少年活動
書籍紹介
御祭神関連箇所
交通案内・地図
お問い合わせ
御祭神関連箇所


乃木神社函館分社
北海道函館市乃木町

函館乃木神社鎮座の由来は、大正元年12月21日社団法人函館教育会に依る乃木将軍追悼祭(百日祭)に始まる。
大正5年同会有志相寄り、現在地に神社を創建。今大戦後、乃木会の解散等苦境に際会したが、乃木大将を篤く崇敬する敬神家により戦後20有余年お護りされてきた。
昭和39年9月24日東京乃木神社函館分社として寄進せられ、東京本社により直接祭祀が厳修されるようになった。

乃木家 墓所
東京 青山霊園内 1種ロ10号26側

乃木将軍御夫妻の奥津城(おくつき 墳墓)は、青山霊園にあり、御尊父、御母堂、子息二典(勝典・保典)を始め、累代の御先祖と共にお鎮まりになられている。
将軍の墓石は、明治44年、英国皇帝戴冠式随行渡航の際、神奈川県真鶴産の自然石を自ら選ばれたものであり、予め裏面に「明治□十□年□月□日」の文字を刻された。これが後の墓石となり「大正元年九月十三日」と併記されるに至った。
此の時既に、将軍の明治天皇に殉じられる御覚悟の程が窺われるのである。


乃木将軍を祀(まつ)る神社は縁(ゆかり)の深い土地や各地にあり、縁が無くても、将軍夫妻を思い慕う気持ちや、敬い仰ぐ気持ちから祀られています。

栃木県那須郡西那須野石林
那須乃木神社
大正4年鎮座
将軍夫妻は、余暇をみては那須野にて鋤鍬(すき・くわ)をとられた。特に明治25年・31年・34〜37年の休職 期間中は、この土地にて農耕に従事され『農は国家の大本 』として「農人」としての生活をされた。


京都市伏見区桃山町
伏見桃山乃木神社
大正5年鎮座
明治天皇の「桃山御陵」の所在地で、鹿児島県出身の実業家村野山人の一宇建立によって創建された。「桃山御陵」の南側で、向かい合うように社殿は北面している。


山口県下関市長府町
長府乃木神社
大正9年鎮座
乃木家の旧主毛利家の城下町。乃木家は代々江戸詰めであったが、父希次翁は、政務に関する建白で藩主の忌諱 (きい 忌み嫌うこと)にふれ、帰国謹慎を命ぜられ、将軍もこの地で少・青年期を過ごされた。


香川県善通寺市
善通寺乃木神社
昭和8年鎮座
明治31年、善通寺に第11師団が新設され、初代の師団長として34年まで2年7ヶ月の間、この地に住まわれた。讃岐宮として護国神社と相宮 。
このページの先頭へ
サイトマップ個人情報についてHOME
Copyright (C) 2006 NOGI JINJYA. All Rights Reserved.  無断掲載・転載を禁じます。